MENU

内臓脂肪指数・内臓脂肪レベル・内臓脂肪とは何なのか

内臓脂肪,ダイエット,ヨーグルト,方法

痩せたいと願っている人は多いですが、たいていの人は適切なダイエットをすることができていません。

 

やみくもに運動をしたり、食事を抜いたりして、強引に体重を落とそうとしてしまい、なかなか成功につながらないのです。

 

体調管理をしながら痩せるためには、正しいダイエットに取り組むようにしなければなりません。
まずは、内臓脂肪とは何なのかを理解することが大切です。

 

表面的な脂肪をなくすことに意識が向いていると、内臓脂肪については無頓着になってしまいます。
しかし、内臓脂肪を減らす努力をしていないと、いくら努力をしても健康的に痩せることができなくなってしまうのです。

 

ダイエットに欠かせない知識

内臓脂肪に関しては、いくつかの用語を目にする機会があります。
ダイエットの初心者の多くは、用語を聞いたことがあるだけで、どのような意味なのかを理解していません。

  • 内臓脂肪指数
  • 内臓脂肪レベル
  • 内臓脂肪型肥満

などについて、正しく理解できるようになると、適切なダイエットを進めることが可能になります。

 

内臓脂肪指数、内臓脂肪レベル、内臓脂肪型肥満、そして内臓脂肪とは何か、というのはダイエットに取り組む人にとって欠かせない知識です。
内臓脂肪を上手に減らすことで、ダイエットが成功します。


内臓脂肪の原因は酒と食事そして運動不足にあり

内臓脂肪とは主に内臓の周囲や腸間膜や大網などの腹膜の表面につく脂肪をいいます。

 

皮下脂肪とは異なり非常にわかりづらいものです。
そのため、見た目が痩せていても実は内臓脂肪が多くついている『隠れ肥満』な人は少なくありません。

 

この脂肪が多く付いてしまうと、いわゆるメタボリックシンドロームと診断されることになります。
メタボリックシンドロームにならない為にも、内臓脂肪をおとさなければなりません。

 

内臓脂肪がつく原因

この厄介な脂肪が付いてしまう原因には、過食と運動不足があります。

 

運動不足の状況で酒や食事などを多く摂りすぎてしまうと、消費カロリーに対して摂取カロリーが多くなってしまいます。
その結果、全てのエネルギーが消費されず、余剰エネルギーは脂肪として体内に溜まっていきます。

 

これが内臓脂肪として蓄積されていくのです。
脂肪分やカロリーの多い食品を摂ることは厳禁と言えます。

内臓脂肪は予防できる

油断するとあっという間に付いてしまうのですが、落としやすい脂肪であるとも言えます。

 

というのは内臓脂肪は代謝が活発なのです。
運動不足を解消し、摂取カロリーにさえ気を付けていれば勝手に消費されてしまうのです。

 

ですから常日頃から摂取カロリーや運動不足に対する注意を怠らなければ容易に予防することも出来るのです。

内臓脂肪を落とす効果のあるサプリメントについて

最近人気のあるサプリメントに内臓脂肪を落とすという目的で使用されるものがあります。

 

漢方における有効成分を活用したサプリメントが多くあります。
ある程度継続的に使用することによって効果を期待することが出来ます。

 

現代社会においてはちょっとした気の緩みで過食に陥りやすい魅力的な環境があります。
そのため、内臓脂肪をため込みやすい環境にあります。

 

結果、内臓脂肪に対して有効に作用するサプリメントの登場が多くの人に大歓迎されることになりました。

サプリメントの効果

内臓脂肪を落とすということについて即効性のある結果を期待することが出来るわけではありません。
ですが、長期的に継続することによって実感を得ることが出来るようになります。

 

又これらのサプリメントには整腸効果を期待することが出来るものも少なくありません。
便秘気味の人の場合には便通を良くすることで体重を適正な水準に近づける役に立ちます。

 

その様な効果も期待できるため、非常に注目を浴びています。
これらの飲み薬はいわゆる処方薬ではありませんので街中にあるドラッグストアなどで気軽に購入することが出来ます

 

取り扱いに注意が必要な成分ではありませんので、ドラッグストアなどで気軽に購入できる点が魅力的です。

内臓脂肪を減らすヨーグルトで効果的にダイエットする方法!

内臓脂肪,ダイエット,ヨーグルト,方法

ヨーグルトの菌にもいろいろな種類があります。
中でもガセリ菌SP株と呼ばれる菌には、内臓脂肪の蓄積を抑える効果があると
言われています。

 

ガセリ菌SP株の作用
  • 生きたまま腸に届き、腸管内に定住することができる。
  • 整腸作用に加えて、コレステロール値を下げる効果がある。

 

このような作用によって、気になる内臓脂肪を減らすことができるというわけです。

 

内臓脂肪を減らす効果があるということは、ダイエットの効果もあるということになります。
もちろん、食べ過ぎては逆効果になってしまいます。
適量を適切な時に食べるのが、ダイエットを成功させる方法と言えるでしょう。

 

特に、夜食後に食べるのが効果的であると言われています。
ダイエットに冷えは大敵ですので、効果的な摂取方法として、ホットヨーグルトが勧められています。

 

ホットヨーグルトで体の内側から温めるようにして内臓脂肪を減らし、なおかつ効果的なダイエットができるようにしてみましょう。

内臓脂肪は女性ホルモンの減少が原因で増加することもある~対策について

内臓脂肪,ダイエット,ヨーグルト,方法

内臓脂肪とは、文字通り、内臓の周囲に付着している脂肪のことです。

 

この脂肪の付着による肥満は、内臓脂肪型肥満と呼ばれています。

 

皮下脂肪と筋肉の間に脂肪が付着する皮下脂肪型肥満に比べると、内臓脂肪型肥満は糖尿病などの生活習慣病発症のリスクを高めると言われています。ですから内臓脂肪を増やさないことは、とても大切なことです。

 

しかし女性は、特に閉経前後10年間の年齢を指す更年期に、このタイプの肥満になりやすいと言われています。
これは更年期に女性ホルモンの分泌量が減少することが原因です。

 

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンには悪玉コレステロールの増加を抑制することで、余分な脂肪が内臓の周囲に付着するのを防ぐ作用があるためです。

 

ですからこの時期には、対策をとることが求められます。適度な運動には、内臓脂肪を減らすと共に女性ホルモンの分泌量を増やしたり、そのバランスを整える作用があると言われています。
また適度な疲労感により、やはり女性ホルモンに良い影響を与える、質の良い睡眠を得られることにもつながるので、対策として生活の中に取り入れるのが望ましいです。

内臓脂肪を減らす市販薬の効果

内臓脂肪,ダイエット,ヨーグルト,方法

最近よく耳にするようになったメタボリックシンドロームは、生活習慣などが原因となって、内臓脂肪がついて脂質異常や高血糖、高血圧となっている状態で、高血圧などが原因で心筋梗塞など、さまざまな病気にかかるリスクが高くなるため、危険視されています。

 

最近では薬局ドラッグストアなどでも、メタボ対策用の市販薬が販売されていますが、主な効果は、体内の血液循環を改善して、代謝をよくすることで、消費カロリーを増やし、体重を減らしていくというものです。

 

 

もちろん、医薬品として認められていますから、ある程度の効果を期待することができますが、メタボ改善で重要なことは、生活習慣を改善していくことです。

 

市販薬でどんなに代謝をよくすることができても、運動を行わなかったり、暴飲暴食を行っていては、カロリーも消費されませんから、食生活を見直して脂肪分を摂らないようにするなどの工夫は必要になってきます。

 

市販薬のみでメタボが改善するとは思わず、生活習慣の改善も行うことが大切です。

[内臓脂肪指数を知って肥満度を測る]関連情報